変型サイズをご希望の場合

PRINTCYBERでは仕様外となるため、別途お見積り案件になります。
サイトにない商品のお見積もり%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%afよりご依頼ください。

右綴じ、左綴じ、天(上辺)綴じにつきまして

左綴じ」は主に横書き、「右綴じ」は主に縦書きが一般的な綴じ方向です。横長のページを上にめくる仕様の場合は「天(上辺)綴じ」をご選択下さい。

 なお、「天(上辺)綴じ」は横長サイズを長辺側で綴じます。裏表紙(表4)のみ180°回転させた状態で、表紙(表1)と裏表紙(表4)を天天合わせで貼り合わせ、綴じるのが一般的です。裏表紙(表4)の絵柄を180°回転させてご入稿ください。(回転不要なデザインの際には「表4の向きは入稿データ通りです」と備考にご入力ください)

中綴じ・無線綴じのご発注の際は「仕上りサイズ」でご発注下さい

綴じた際の仕上りサイズをご選択の上ご発注下さい。
※ご入稿データが見開きの際、A4のデータの場合は綴じた仕上りは「A5」となりますので「A5(B6)中綴じ冊子」「カラー(もしくはモノクロA5無線綴じ冊子」をご選択ください。

印刷データの作成及び背幅について

【印刷データについて】
※冊子の入稿データサイズは正寸でお願い致します。弊社にて拡大・縮小は別途費用ご請求対象となります。
入稿データPDFのサイズの確認方法はこちら入稿PDFデータの用紙サイズ確認方法

  • 表紙データ  表1表4、表2表3を見開きページの面付けデータで作成ください。
  • 本文データ : 単ページデータで作成ください。
    表紙データ・本文データの2データをzip圧縮し、ご入稿ください。

※ご入稿時には、「表紙データPDF(4ページ分)」と「本文データPDF(本文ページ数分)」の2つのPDFデータをzip圧縮し、ご入稿ください。
※1PDFデータ内に面つけ済みデータと単ページデータの混在はしないでください。
※トリムマーク(印刷範囲)がPDFのページサイズのセンターにくるように作成してください。
※白紙ページがある場合も、白紙データが必要になります。
該当のページが白紙になる旨を「備考」にご入力ください。

表紙データ
表1表4の面付けデータと表2表3の面付けデータを1PDFにしてデータ内に表1~のご指示を入れてください。
背幅を考慮したデータを作成ください。
塗足しのあるデータは仕上りより外側3mm伸ばしてください。切れては困る文字などは仕上りより内側3mm以内に収まるよう作成ください。

【背幅について】

  • 無線綴じ冊子の場合、背幅を考慮したデータを作成して頂く必要があります。
  • データ内に背幅トンボをつけたものでご入稿ください。
    背幅の計算方法 : (総ページ数 × 本文紙厚) ÷ 2

総ページ数※24pで本文の紙厚がコート90kgの場合 ※この際の総ページ数は表紙も含んだ総ページ数です
24(p)×0.086(mm)÷2=1.032(mm)
約1.1mmの背幅となります。

A4冊子の場合の表紙データ背幅作成について:上記の仕様の場合、表1表4、表2表3データの展開サイズは背幅部分が追加になったことによりA3(420mm×297mm)の横幅に上記の1.1mmを追加した421.1mmとなります。
作成頂く際は右端にプラス0.55mm、左端にプラス0.55mm伸ばしたサイズで表1表4、表2表3を作成ください。

※塗足しありのデータの場合は横幅426mmに背幅分をプラスして作成となります。

本文データ
塗足しのあるデータは仕上りより外側3mm伸ばしてください。切れては困る文字などは仕上りより内側3mm以内に収まるよう作成ください。

 

表紙別紙冊子は表紙と本文が同紙種の発注はできません。

例)・表紙90kgフルカラー ・本文90kgモノクロ
→こちらのご発注はできません。

全ページフルカラーとしてご発注頂く、または紙種をどちらか変更頂く方法となります。

表紙別紙冊子商品のページの数え方の注意点

※表紙別紙選択時に既に表紙分の4ページ分が選択済ですので本文のページ数が「本文のみ」のページ数をご選択ください。(本文で総ページ数はご選択なさらないようご注意下さい)

例)表紙別紙、本文20頁、合計24頁をご注文の場合

○正しいご注文内容 本文で20頁をご選択、表紙別紙選択で自動的に4ページ追加

=総ページ数は24頁となります。

another-paper_ok

×誤ったご注文内容 本文で24頁をご選択、表紙別紙選択で自動的に4ページ追加

=総ページ数が28頁となります。

another-paper_ng