オプションについて

  • 各種折加工について

    折り加工のオプションが追加さてた場合、折り方の指示を別途お知らせください。
    折った後にどの面が一番上に来るか(「表1(ひょういち)」といいます)を備考欄にご入力の上ご指示ください。
    折る位置をトンボの端から数値などでご指示ください。
    (サイトにテンプレートのご用意がございますのでテンプレートにてご入稿頂けますと便利です)

    ※折り加工は長辺を基準として加工いたしております。

    短辺を基準にした加工はピッチの幅等により出来兼ねる場合がございます。
    ご希望の場合は事前に当社までご相談ください。

    仕上りサイズが74mm以下となる場合は別途お問い合わせください。

    用紙の斤量・サイズによって対応可能な折り加工が異なります。
    斤量135kg以上の紙の場合背割れを起こす恐れがございますので追加でスジ入れ加工をお勧めいたします。
    オプションにて「背割れ軽減」をご選択ください。

    *背割れとは:紙がある程度厚く折る位置に絵柄がある場合に折り加工をすると折り目がひび割れて白く見える状態です。

     

    各種折りのご説明

    2つ折り(センター折り)
    お客様からのご指示が無い場合は長い辺を半分に、表面が外側、裏面が中側(1ページが外側、2ページが内側)になるように折らせていただきます。
    ※折った仕上りが74mm以下になるものは対象外となります。別途お見積りにてご依頼ください。

     

    3つ折り(Z字型)
    折る位置を2カ所、長い辺が3等分になるよう指定します。

     

    3つ折り(巻き3つ折り)
    折る位置を2カ所指定します。中に巻き込まれる面は他の二つの面より小さいサイズで作成します。
    ※中に巻き込まれる面の幅を他の面より2~3mm程小さくする必要があります。
    A4であれば長辺297mmを100mm+100mm+97mmの分割が一般的です。

     

    片袖折り
    折る位置を2カ所指定して山折りと谷折りを交互に折ります。

     

    外4つ折り
    折る位置を3カ所、長い辺が4等分になるように指定します。山折りと谷折りを交互(蛇腹)になるように折っていきます。

     

    巻き4つ折り
    折る位置を3カ所指定して長い辺が4等分になるように指定します。はじめに長い辺を半分に折り、さらに半分に折ります。

     

    外5つ折り
    折る位置を4カ所指定して長い辺が5等分になるように指定します。山折りと谷折りを交互(蛇腹)になるように折ります。
    蛇腹4山折りということもあります。

     

    開き観音
    折る位置を2カ所指定します。

     

    観音折り
    折る位置を3カ所指定して長い辺を折った後にさらに真ん中で半分に折ります。
    ※中に巻き込まれる面の幅を他の面より2~3mm程小さくする必要があります。


     

    DM折り
    長い辺を半分に折った(2つ折り)後に巻き3つ折りをしたおり方です。
    ※中に巻き込まれる面の幅を他の面より2~3mm程小さくする必要があります。

     

    DM折り(外3つ折り)
    長い辺を半分に折った(2つ折り)後に3つ折り(Z字型)をした折り方です。

     

    クロス8ページ折り(十字折り)
    折る位置を2カ所、直角に交わるように指定します。4分の1になるように折る折り方です。長い辺を半分折り、折った後に長くなった辺を半分に折ります。十字折りということもあります。

     

    クロス16ページ折り
    クロス8ページ折りの長辺をさらにもう一度折った折り方となります。

     

    巻々4つ折り
    折る場所を3ヶ所指定します。
    ※中に巻き込まれる面の幅を他の面より2~3mm程小さくする必要があります。

     

    外3つ折りクロス2つ折り
    3つ折り(Z字型)の後に今まで折った方向と垂直方向に半分に折ります。

     

    巻々3折りクロス2つ折り
    3つ折り(巻き3つ折り)の後に今まで折った方向と垂直に半分に折ります。
    ※中に巻き込まれる面の幅を他の面より2~3mm程小さくする必要があります。
    A4であれば長辺297mmを100mm+100mm+97mmの分割が一般的です。

     

    外6つ折り
    折る位置を5カ所、長い辺が6等分になるように指定します。山折りと谷折りを交互(蛇腹)になるように折ります。
    蛇腹5山折りということもあります。

     

  • PP(ポリプロピレン)貼り加工について

    ポリプロピレンのフィルムを貼り耐久性を向上させます
    フィルムは光沢感が強い「クリア」とツヤなしでさらさらした手触りの「マット」があり片面・両面加工があります
    フィルムの厚さは0.02mm~0.025mmで20~25μ(ミクロン)となります
    パウチとは異なり、耳はつきません
    パウチなどラミネート加工と比較すると安価でご提供できます

  • パウチ(ラミネート)加工について

    PP加工よりも厚めのフィルムを貼り耐久性を向上させます
    フィルムは中厚の100μ(ミクロン)と厚口の150μ(ミクロン)の2種類があり
    コート110、130kgで選択ができます
    3~5mm程度の耳が付くため、指定サイズより6~10mm程大きく仕上ります
    PP加工と比較すると高価のご提供になります

  • ミシン入れ加工のご注意点

    ミシン入れの位置にトンボを入れてください。
    2本入れる場合は、10mm以上の間隔が必要となります。
    ミシン線を入れる箇所にデータ内にトンボ及び距離(数値)をご指示ください。
    ※ミシン目入れと折り加工は一緒に出来ませんのでご注意ください。
    ※ミシン目は縦方向、横方向のみでL字、T字、クロス、斜め方向は対象外となりますのでご要望の際は「サイトにない商品のお見積り」よりお見積り依頼をお願い致します。

    データ内に入れる際は下記のようにお願いいたします。

    備考で指示する際は下記のようにお願いいたします。

    ミシン目の数は2本まで選択できます。
    ※作業日数がプラスされますのでご注意ください。


    ミシン目1本は直角のみ可能です。(クロスは不可)
    ミシン目2本は平行のみ可能です。

    対応可能例
    ミシン1本(縦もしくは横で、同一方向の直角)

    ミシン2本(縦もしくは横で、同一平行方向)

    下記は対象外となります。
    斜め方向(ミシン1本)

    T字(ミシン2本)            L字(ミシン2本)

    クロス(ミシン2本)           斜め方向(ミシン2本) 

     

  • 斤量135kg以上の用紙の折加工について

    背割れ防止のためスジ入れ (+1日)、紙割れ軽減加工(追加納期なし)オプションを選択頂くことをお勧めいたします。

    *背割れとは:紙がある程度厚く、折る位置に絵柄がある場合に折り加工をすると、折り目がひび割れて白く見える状態。(スジ入れ加工を追加することにより背割れが軽減されます。)

  • 角丸の仕上りデータ作成について

    rounded-corners

  • スジ入れ加工について※スジ入れは表面が凹になります

    厚めの用紙に線を入れ、折りやすくなる加工です(凹凸は山折りの面が凹、谷折りの面が凸)
    スジは1本のみです。
    厚めの用紙に折り加工をする際、背割れ軽減するために筋入れオプションを追加頂けますと背割れ致しません。
    データ内にスジ入れの指示を入れて頂けますようお願い致します。

    表面に「筋入れ凹面」
    裏面(中面)に「筋入れ凸面」
    と入れてください。

  • 穴あけ商品の穴あけ指示について

    印刷物に穴をあけてバインダーなどで綴じやすくする加工です。
    あけることのできる穴の数は4穴まで可能です。
    穴の直径は3mm/5mm/6mm/8mmの4種類からお選びいただけます。
    加工日数として1日追加されます。オプションで穴あけ加工を選択した際にサイトに表示される出荷日をご確認の上、印刷物の納期を調整してご希望納品日となるようにしてください。

    備考に下記の穴あけをご指示ください。

    ※①~④の指示を備考に必ずご入力ください。※ご入稿画面及びカートの備考(編集ボタン押下)でご入力いただけます。
    ※印刷データ内に指示線などは入れないようお願いします(穴にあたる「マル」も同様)
    ※印刷データに入っておりますと印刷されてしまいますのでご注意ください。
    ※穴をあける「面」のご指示もお願いいたします(どちらが表か裏かのご指示をお願いいたします。)
    ※紙の端から穴、穴から穴は最低2mmの間隔が必要です。ただしぎりぎりでない方がきれいに仕上がります。

    備考欄への入力例(仕上り縦148mm×横100mmに穴あけする2つ穴あけする場合:下記画像はご入稿画面で入力したものです)